So-net無料ブログ作成
史跡「志賀島」 ブログトップ

教科書でなじみの金印は今も論争中 [史跡「志賀島」]


何という好天だろう。
ほんまに冬かいなというぐらい。

金印公園から糸島の毘沙門山を望む。
40年近く前の教科書で習った金印出土場所は今も不明らしい
この公園は出土場所のはずだが、どうもここではないらしい。
その論争についてはまたの機会にして、風景を楽しむ。


蒙古首塚
九州は古来より外国とのつながりが少なくない。
時には負の遺産もあるようだ。


志賀島には他にも古墳があるようだ。
時間をとってゆっくり散策してみたいと感じた。
写真は海岸へ突き出した「中津宮古墳」、休暇村の前にある。


2007-01-04 さるき初め 志賀島 [史跡「志賀島」]


天気はいまいちだが全然寒くない、これが正月か?ってかんじだ。

志賀島国民休暇村に2泊した。
休暇村の裏のグラウンドから遊歩道を散歩する。
登りきるとジャングルジムらしき跡がある、近年誰も利用していない風だ。荒れている。

一旦道路へ出て海側の公園へ入る。
2箇所の展望台があり、玄海島が正面によく見える。
ここをひとまわりしてまた県道へ出る。

島の内陸へ向かう道路を歩いてみる。
さきほどの休暇村グラウンドを下に見ながら進むと、のどかな田園風景だ。
さらに進むと林道だか農道だかいくつも分岐がある。
自転車があればいろいろ散策できただろうなあ。
途中で突如としてNTTドコモの中継アンテナが鎮座していた。

時間があまりなかったので途中で引き返して海へ出て戻る。

しっかり88分 しっかり8,777歩 消費32.22Kcal 脂肪燃焼量499.0g 7.31Km 14,621歩


史跡「志賀島」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。