So-net無料ブログ作成

THE QUALTET [music]

福岡アクロスで「THE QUALTET Featuyring HERBIE HANCOCK」があった。
ハンコック、ウェイン・ショーター、ロン・カーター、ジャック・ディジョネット。

開演17:30スタート。
ところが何を思ったか時間を間違えてしまい、18:40ごろ入ったのだ。扉を開けてビックリ!もうすでに演奏は始まっていて、入り口にいた係員に呼び止められ「この曲が終わるまでここでお待ちください。」だと。何ということだ。

演奏が19:20過ぎに終わったが、30分程度しか見られなかった。あーあ。

曲は「オールブルース」とあとアンコール1曲のみだけだった。んーむむ。

それはさておき、彼らは一体幾つなのだろうか。もう若いころからすでに活躍していたし。

ハービー・ハンッコク   1940年4月12日生 67歳
ウェイン・ショーター    1933年8月25日生 74歳
ロン・カーター          1937年5月4日生  70歳
ジャック・ディジョネット 1942年8月9日生   65歳

いやー恐れいった。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

カレン・カーペンター 遠い初恋 [music]


遠い初恋



今夜のNHKプレミアム10は「カーペンターズ」だった。

続きを読む


ジョージ・ベンソン&アル・ジャロウ given' it up [music]

ギヴィン・イット・アップ

ギヴィン・イット・アップ

  • アーティスト: ジョージ・ベンソン&アル・ジャロウ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2006/11/29
  • メディア: CD

続きを読む


鈴木ヒロミツさんご冥福を [music]

モップスと16人の仲間

モップスと16人の仲間

  • アーティスト: モップス
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 1998/03/18
  • メディア: CD

続きを読む


サラ・ヴォーン ピーター・ガン [music]

Verve Remixed, Vol. 3

 

 

 Verve Remixed, Vol. 3

HONDストリームCMで流れるサラ・ヴォーンの声。声はサラ・ヴォーンだがバックのオケは今風なのでオヤ?と思い、探してみるとリミックスだった。ヴァーブレーベルからリミックスの第3弾だという。


一青窈 「BETSTYO」 [music]

BESTYO

BESTYO

  • アーティスト: 一青窈, 武部聡志, 星勝, 山内薫, 弦一徹
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/11/29
  • メディア: CD


邦楽CDを購入したのは何年ぶりだろうか。
ずっと気にはなっていた曲がいくつか入ったベストアルバムがやっと出たのを機に購入した。
編曲が星勝。 あいかわらず精力的だ。
これもモップスの頃からずっと気になっていたのだ。

モップスと16人の仲間


 しっかり42分 しっかり4,966歩 消費289.87Kcal 4.06Km 8,122歩


コパカバーナ バリー・マニロウ [music]


アルティメット・バリー・マニロウ


某携帯企業CMで最近流れている。懐かしい。当時の新宿カンタベリーハウスではよく流れてた。深夜TVでも「ソウル・トレイン」なんて番組がありDISCOブームだった。
最近、雨ばかり降ってさるきに出かけることないので音楽を聴くことが多いが、専ら昔の聞いたものばかりだ。今夜もこのコパカーナを初めに当時を思い起こして聴きあさり、最後はやはりEW&F。いつものことやな。


明日にかける橋 [music]


明日に架ける橋



この曲はポール・サイモンが、あるゴスペル曲の詩からヒントを得て作曲したと聞いている。ゴスペル曲の原詩は「深い海」だったのを「荒れた海」へと変えたという。
like a brigde over deep water

like a brigde over troubled water

また当初3番の歌詞はなかった。レコーディングでピアニストが勢いあまって3番まで演奏したので急遽3番の歌詞を作ったという。2番までの悲しい内容とは変わって未来へ向かってはばたく内容で演奏自体も明るさと強さが出ている。

ポール・サイモンは南アフリカへ傾倒し音楽の世界からアパルトヘイト打倒にも影響を与えたといわれている。その南アフリカで「明日に架ける橋」と言えばアレサ・フランクリンの方がメジャーなんだという。

9.11後のアメリカではメディアが演奏自粛をした楽曲リストの中に何故かこの曲もあった。 sale on siver girl ... という詩が、出航すなわち飛行機を連想させるからだと。今思えばこじつけでしかないが当時の心境は測りがたい。

...と、これは今夜のNHKの番組の受け売りである。30数年後にこの曲のいきさつを知ってちょっと感動を覚えた。歌謡曲から洋楽へ興味を持ち出したころが思い出される。そのころは詩の意味など何も考えてはいなかった。僕はミッションスクールだったが、朝のチャペルで先生が感動したレコードをかけたのがこの曲だった。この学校の先生や友人のおかげで洋楽に目覚めた。


美空ひばり ジャズ&スタンダード ジャズ&スタンダード [music]


ジャズ&スタンダード



3年前車通勤していたころ、夜遅く帰途へつきラジオで耳にした美空ひばりの「スターダスト」に身震いしたことを思い出す。
「真っ赤な太陽」は子供のころ気にいってよく聞いていたものだが、大物演歌歌手だという認識でしかなかった。ところがこの「スターダスト」には驚いた。英語の発音は今の若い歌手には劣るかもしれないが、奥行きのある太い声でありながら繊細さも出ている。
「A列車で行こう」は日本語ではあるがちゃんとスウィングしている。これは10代で録ったらしいが、声がまぎれもなく美空ひばりで若いしかわいい。半世紀前のものものとは思えない。
まさに天才であった。惜しまれる。


ビートルズLOVE [music]

LOVE (DVDオーディオ付)

LOVE (DVDオーディオ付)

  • アーティスト: ザ・ビートルズ
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2006/11/20
  • メディア: CD

ビートルズの新譜だというので驚いたが、リミックス盤らしい。
巷の批評をざっと見ると賛否両論だな。


サディスティックミカバンド  CDが来た [music]


amazonから注文していたサディスティックミカバンドのCDが来たので、
早速DVD(初回限定盤には付属)を見てみた。
みんないいオヤジだけどいいねえ。(^^)


サディスティックミカバンド [music]

何とCMだけじゃくて再結成ということか。
思わずCD予約してしまった。
ロンドンライブの後藤次利のチョッパーベースは最高でしたね。
ティンパンアレイのアルバムでのチョッパーズブギのイントロと同じパターン
ですが、学生時代によくコピーしたものでした。

再結成のベースはオリジナルメンバーの小原礼で、こちらもよかった。
ピットインでのキリン・ライブのベースソロは、これも学生時代にコピーしました。

NARKISSOS (初回限定盤)(DVD付)

NARKISSOS (初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: サディスティック・ミカ・バンド
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/10/25
  • メディア: CD


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。